Asset Value|クレアホームズ南与野駅前|JR埼京線「南与野」駅徒歩2分。駅前の南へ還ろう。

クレアホームズ南与野

Asset Value

駅徒歩2分、南向き。その大いなる価値を享受。

オンリー1の存在

過去10年間で本物件のみ。
唯ひとつの価値。

さいたま市の埼京線沿線及び京浜東北線沿線の最寄駅において、過去10年間で191物件もの新築分譲マンションが供給されてきました。そのなかで駅徒歩2分以内の物件はわずか6件と全体の約3%。さらには全戸南向きとなると本物件のみとなります。住んでから変えることのできない駅距離と住戸向き。「クレアホームズ南与野駅前」は、その2つの大いなる価値を持つオンリー1の存在といえるでしょう。

※2006年3月~2016年4月末の期間に供給された新規物件を対象とする
※有限会社MRCが補足するデータ ※資料作成有限会社MRC(2016年5月20日)

駅2分のリセールバリュー

駅徒歩2分の資産価値。

中古マンションの価格は、駅徒歩分数に大きく左右され、駅から離れるほど下落率が高まる傾向にあります。さいたま市中央区の埼京線沿線物件における中古売却時の平均価格維持率から見ても、駅徒歩2分以内物件では新築時に比べ4.2%しか下がっていませんが、駅徒歩3分以上の物件は13.3~17.5%も下落していることがわかります。新築分譲時には見えにくい、立地が生み出す本当の資産価値が、この数字からもうかがえるといえるのではないでしょうか。

※過去10年間(2006年1月~2016年5月)に新築分譲された「さいたま市中央区」の「JR埼京線の駅を最寄り駅」とするマンションの価格維持率。(株)クオーレ調べ(2016年8月現在)

駅2分の賃料価値

賃貸市場における駅徒歩2分の
優位性。

住まいの中でも賃貸マンションは、とくに利便性が重視されます。駅徒歩分数による賃料相場の違いは大きく、一般的に駅近物件と見なされる駅徒歩5分物件と比べても駅徒歩2分物件は、面積当たりの平均賃料単価で約29%も上回ります。

※抽出条件:さいたま市中央区内、3LDK(専有面積60~80㎡)、築20年以内。賃貸物件情報より集計。(株)クオーレ調べ(2016年8月現在)

全戸南向きの優位性

全戸南向きの優位性

一般的に住戸の向きは、リビングが明るく、西日の射し込みが少ない南向きが人気です。そこでマンションでは、敷地などの条件が許す限り、南向き住戸を多く設けるのが通例となっています。ところが、南向き以外の住戸が混在する場合は、不人気な方角の住戸は価格を下げて売りやすくし、その分の価格を南向き住戸に上乗せすることがあります。結果としてそのような物件では、南向き住戸が割高となりますが、本物件のような「全戸南向き」物件では、そのような心配はありません。

※住戸の向きが混在する場合の価格設定の例(さいたま市A物件)。東・西・北向き住戸の平均坪単価を100とした場合の指数。 (株)クオーレ調べ(2016年8月現在)

南向きのリセールバリュー

南向きの資産価値。

日本の住まいで最も快適とされるのは、南向きの住戸です。日中常に明るい光を採り込みながら、朝夕部屋に深く射し込む光で暮らしを邪魔されることはありません。中古販売価格の面積当たり単価で比べても、南向き住戸の資産価値がよくわかります。

※抽出条件:さいたま市内、3LDK、築10年以内(タワーマンションを除く)。
中古物件情報より集計。(株)クオーレ調べ(2016年8月現在)

南向きの賃料価値

賃貸市場における南向きの優位性。

南向き物件は賃貸に出す場合でも、他の部屋向きの物件に比べ、面積当たりの賃料単価が高い傾向にあります。

※抽出条件:「南与野」駅徒歩10分以内。賃貸物件情報より集計。(株)クオーレ調べ(2016年8月現在)